軽自動車税増税によってどのように変わる?

2015年4月から軽自動車税の増税が決定しています。
どれくらい増税されるかと言いますと、現在の1.5倍。
つまり、今までは年間7,200円だった軽自動車税が、年間10,800円に値上げされます。

 

もちろん現在お乗りの車を2015年4月以降も乗り続けても、軽自動車税の値上がりの対象にはなりません。
値上がりの対象となるのは、2015年4月以降に購入した新車に限ります。
つまり初年度登録が2015年4月以降の車、ということですね。

 

ただ、そろそろ車の買い替え時期かなあ。
なんて方は増税の対象をもろに受ける可能性がありますので注意してください。

 

 

な〜んだ。
たった3,000円程度の値上げか。
これならあまり深く考えずには済む。

 

そんな風に思っている方は要注意。

 

この値上げ、結構バカにできないんです。

 

軽自動車税の値上げによって車の維持費が高くなる

 

具体的に現在とどのように変わるのかを見ていきましょう。

 

車を10年乗ると考えた場合、現在の税制度では年間7200円×10年。
つまり10年間でかかる軽自動車税は7万2千円となります。

 

一方、2015年4月以降に車を購入した場合は、軽自動車税が年間10800円になります。
つまり10年車を乗ると考えた場合、10800円×10年=10万8千円。

 

軽自動車税値上がり前(10年乗ると考えた場合)
72,000円

 

軽自動車税値上がり後(10年乗ると考えた場合)
108,000円

 

ということですね。

 

この差を比べてみると

 

値上がり後(108,000円)−値上がり前(72,000円)=36,000円

 

36,000円の差がでます。

 

よく考えて見てください。
36,000円あればなにができますか?
欲しいものを手に入れられる人もいるでしょうし、おいしいものだって食べにいけます。

 

10年で考えたら36,000円という数字はなんともない数字のように思う方もいるかもしれませんが、
結局は36,000円余計に取られるのです。
ドブに捨てているのと同じです。

 

さらに消費税増税によっても軽自動車購入は高くなります。
車の購入には取得税というものがかかり、消費税が8%にアップすることにより、この取得税が減税されます。
ですので、普通車の場合は、消費税が5%から8%へと3%アップした分、取得税が3%値下がりしますので、ほとんど影響はありません。
「普通車の場合は」です。

 

軽自動車の場合は現在取得税が車体価格の3%。
2014年4月からはこれが2%に値下がりします。

 

つまり、今年の4月からは消費税が現状の3%アップして8%に。
そして取得税が現状の1%ダウンして2%に。
つまり差し引き2%高く車を購入するハメになります。

 

150万円の軽自動車だったら3万円高く購入することになります。
軽自動車税の増税と合わせると約6万円高く購入することになりますね。

 

ですので、もっとも賢い車の買い替えタイミングは、
軽自動車税が増税する前。
消費税が増税する前。
つまり今年2014年4月まで。
ということになります。